百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

田舎生活23日目

 さて、梅干しにいよいよ紫蘇投入。梅干し1キロに対し一束と書いてあるけど、どれぐらいが一束かよくわからない。そこで適当にしてしまうのが、自分の良くない所である。

f:id:come1999:20170701211247j:plain

 

 う~ん、梅干しに対して何か多いような気がするが、適度に縮んだりするのかな。

 

 こうして作ってみると、たかが梅干しだが、その面倒臭さは、身に染みてわかる。赤くするのに紫蘇を入れるわけだが、いちいち葉っぱをちぎって塩揉みして、アクを出してという作業は非常に手間がかかる。

 

 たかが梅干し1キロ分だから、これが10キロ20キロになったら、どれだけ紫蘇必要なんだ、という事になる。これは梅に縁がなかったら、まず梅干し作りなんかしないね。ましてやスーパーで売ってる梅干しなんかまず、紫蘇で色付けしてないだろう。

 

 後は、天日干しだけだ。梅雨明けにしたらいいのかな。