百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

田舎生活20日目

 自分で漬けたたった1キロの梅干し。重しは水の入ったビニール袋。

f:id:come1999:20170620202106j:plain

f:id:come1999:20170620202135j:plain

 

 で、4、5日たって、だいぶ梅酢が出てシャバシャバになってきたが、白っぽいカビのようなモノも見える。う~ん、初めから上手く、ほんといかんね。

 

 漬ける前、水気が残ってたのが悪かったか、塩がちと少なかったのがわるかったか。

 

 まあ、自分が食べる分だから、もうちょっと様子を見つつ、カビは取り除いた。で、シソはいつ入れるんだ?百姓道の険しさを改めて思い知る。

 

 そんなこんなで、完熟梅を取りに。まだまだ、こうしたお手伝いレベルなのは当たり前。

f:id:come1999:20170620203931j:plain