百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

猫と田舎暮らし9

 夜、布団に入ると、大概もそもそと寄ってくるのだが、まずはみぞおちあたりに乗って来て必ず尻をこちらに向ける。その姿勢が微妙に笑える。

 朝、起きるとまずはエサをやるが、今日は何だか様子がおかしい。ありゃ、片目開いてない!

 ああ、目ヤニが固まってて開かないのね。えっそんな事あるの?がしっと指で瞼を開かせようとも結構固まってる感がある。猫も嫌がる。

 笑かしよんなあ~何でそんなに目ヤニ多いの。まだ健康体じゃないんだろう。ちょっと心配になっただ、少し経ったら、何事もないように開いていた。

 ここは田舎だから、猫も病院なんてすぐには連れていけないぞ。なるべく食べさせた。

f:id:come1999:20170606203623j:plain