百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

猫と田舎暮らし1

 全然、心の準備が整っていない中、猫がやって来た。一応、車で30分ぐらいの所に親戚がいるのだが、家の庭にいる野良猫が子供産みそうなんで飼う?なんて話をしていたものだが、まさか本当に持って来るとは。

 京都でも猫飼ってたし、まあ大丈夫でしょ、と思っていたが、到着するなり、その小ささに目を見張った。

えっこんなに小さいの!これじゃあ、全然ほっとけないでしょ!!

以前もらった時は、生後2ヶ月で、今回は1ヶ月ぐらいかな。測ってみると体重は500グラム。ペットボトル1本分ぐらいの軽さ。これがヨチヨチ歩くのは、ほんとかわいいなあ。

 猫の1ヶ月の差は大きいね。離乳食は食べたが、まだミルクとか必要っぽい。ウンコとかも勝手にトイレで出来なさそう。鳴き声もまだにゃあ、じゃなくてきぃきぃ聞こえるね。

 こりゃ大変だわ。
f:id:come1999:20170527214809j:plain
f:id:come1999:20170527215016j:plain