百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

まつや再興

 百姓を目指すといっても、我が家には百姓をやっていた人はおらず、代々商人であったそうな。今住んでいる家では、雑貨屋をやっており、煙草や下駄などを売っていた記憶はある。まつや、とは代々商売をしていた家の屋号である。

 

 で、片付けをしていると、おそらく30年ぐらい前の写真と思われるが出てきた。

f:id:come1999:20170520225950j:plain

 

 自動販売機にポスト、公衆電話もあるではないか。

 

で、今は、

f:id:come1999:20170520230206j:plain

 

 う~ん、何たる諸行無常。店をたたんで、おそらく25年ぐらい。また、日は昇る。