百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

田舎生活5日目

 刈った雑草は、後日コンテナに入れて、ドラム缶で焼却。

f:id:come1999:20170518214951j:plain

 

 この作業が大変。いちいち手で刈った草をカゴに入れるのだが、すぐにいっぱいになって、腰も痛くなる。で、改めてこういうので、

f:id:come1999:20170518215653j:plain

 

野球部がトンボでグラウンド整備をするみたいに掻き出すと、まだまだ刈られた草は出てくる。これ、いつまでやらないといけないの、と気が遠くなり、暑い午後はやってられない。いやあ、百姓の道は遠いなあ。

 

とりあえず、今日はここまで。

f:id:come1999:20170518220417j:plain