百姓道くねくね

大分県竹田津に一人でやって来た、過疎地をひそかに盛り上げようと目論む男の物語。

猫と田舎暮らし26

うんこ中です。必ず覗きに来ます。 で、必ずこじ開けようとします。 そんなに気になるかなあ。入ってこんでいいし。 お願いだから、トイレぐらいゆっくりさせて~

田舎生活32日目

夜中、トイレで目が覚めた。焼酎コーラ割は尿意を催させ、覚醒もさせた。 何か寝れんなあ、と思いつつ、どこからか、トン、トン、トンと一定のリズムを刻んだ音が聞こえる。台所?座敷?あれ、もしかしたらラップ音ってやつか? 猫も気になったらしく、音の方…

猫と田舎暮らし25

暑いと猫も寄ってこないのだが、たまに甘えたくなる時はあって、あぐらをかいている足を枕にするのだが、熱くてかなわん。猫も自分もダラけ気味である。 そんな中、やっぱり動いているものは仕留めないと気が済まず、ゴキブリがよく転がっている。台所で一人…

田舎生活31日目

久しぶりに草刈りをした。朝早くとは言え、5月とは比べられないほど暑い!パンツまでぐっしょり。 草刈りした場所は元庄屋さんが居を構えていたという事で、一段高い所にあって石垣が組まれてあったり、大きい井戸があったり、それなりの雰囲気を醸していた…

田舎生活30日目

飲んだくれている。この1ヶ月飲んでない日の方が少ないと思う。このひたすら働いていた3年間に飲んだ量を余裕で上回る。酒好きな人が周りにいると増えるよね。 家で飲んだ、近所のスナックで飲んだ、イベントで飲んだ、街(大分市)で飲んだ、九州の人はやっぱ…

猫と田舎暮らし24

なあーやっぱり上がっちまったか。 一度登ってしまったら、どんなに注意してもダメですな。次なるステップは外へ出る事か。間違いなく家出しそうだなあ。

田舎生活29日目

7月に入って、イベントの手伝いしたり、皿洗いしたり、飲んだり、ちょっと遠くまで外食行ったり、猫に引っ掻かれまくったり。ほんと、田舎でスローライフ!とは無縁になっているような。まあ、別にいいんですけどね。 ほうぼう、色々な方と飲んでいると、あそ…

猫と田舎暮らし23

夜忙しいとテキメンにブログが面倒くさい、と思うね。ということで、困った時は猫ネタだ。 ノミ駆除薬も届き、エサを食べてるスキに早速。薬はスポイトのような入れ物に入ってて、そこからピュッと首の後ろ辺りに垂らせばOK! そんなちょっとの量で全身に薬が…

猫と田舎暮らし22

毛に黒いポツポツが見えるんですけど。ちょっと、お前みせてみ。 暑くなると、やっぱり猫は膝の上に乗ってこない。無理やり乗せてもまず逃げる。だから、強引に身体検査。逃げようとも噛みつこうとも、そこは上手く押さえつけ、チェックチェック。 うわあ、…

猫と田舎暮らし21

こうやって見ると、耳長いなあ。美猫まっしぐらじゃないか。う~ん、 ネタなくなってきた。

田舎生活28日目

7月も半ばになるので、暑くなるのは当たり前か。猫もダラけた寝方になっている。 家の中はまだマシだが、外は蝉も鳴き出し、夏の様相を呈している。店の内装、庭の手入れ、玄関や手すりのペンキ塗り、と山積みだが、やっぱり暑くなると、予想どおりやる気が…

猫と田舎暮らし20

う~ん、せっかく障子をオサレにしたつもりなのに、猫の前では無常にも破られる。 3日ぐらいしか持たなかったな。めげずに張るか、しばらくほっとくか。悩ましいところだね。こっちはもうちょっと踏ん張ってよ。時間かかったんだから。

田舎生活27日目

梅干しで使った余り紫蘇でシソジュースを作ってみたが、これは上手くいった。で、写真撮影をする瞬間に猫がモソっと。とりあえず、興味を示す。 もうちょっと煮出しても良かったのかな。まあ、なかなか季節感のある飲み物ではないか。都市での一人暮らしだと…

猫と田舎暮らし19

猫は高い所に登らないと気がすまないのか。最近は、暑くなったので、奥の涼しい部屋に寝場所を変えたのだが、猫も合わせて、そこで遊ぶ。 網戸のすき間にうまいことツメをたてて一気にかけ上る!網戸破れるがな。

田舎生活26日目

猫が見事に障子を破ってしまったので、張り替えをせねばならないのだが、普通に白い和紙ではつまらないと思い、せっかくだし市松模様でもしてみるかと思ったのが、間違いだった。 10年前ぐらいに会社の障子を張り直した事があったが、すっかり忘れてしまった…

猫と田舎暮らし18

我が家に来た頃は、目やにが大量に出たり、目の周りが汚かったりしていたが、綺麗になるもんだね。デトックス完了か。 しかし、耳の中は写真じゃわかりにくいが、黒い汚れが点々と。耳垢じゃないよな。何でこんな所が汚れてくるのかわからない。前の猫は、そ…

田舎生活25日目

家から車で10分以内の所に道の駅があって、そこに レストラン美浜 https://goo.gl/maps/SLPthGQuvUF2 がある。そこの社長夫人といって良いのかわからないが、手が空いているなら手伝わないか、と声がかかった。まあ、無職だから構わないが。しかし、飲食店の…

田舎生活24日目

ケール栽培している方が、体調優れず、ということでお手伝い。ケールって青汁や健康食品とかに入っているあれだ。 朝5時から始まり、4人がかりで葉っぱをむしり、コンテナに入れていく。僕は要領を得ないので、コンテナいっぱいになったケールを道路の脇にひ…

猫と田舎暮らし17

木造の家は涼しいとはいえ、さすがに7月、半袖でないとキツい。が、近頃はやたらめったら、手足に噛みついてきて傷だらけ。 近寄ってきたと思ったら、飛び付いてくるから全く敵わん。これも一種のシャドー狩りなのか、ただじゃれているだけなのか。 元気なの…

田舎生活23日目

さて、梅干しにいよいよ紫蘇投入。梅干し1キロに対し一束と書いてあるけど、どれぐらいが一束かよくわからない。そこで適当にしてしまうのが、自分の良くない所である。 う~ん、梅干しに対して何か多いような気がするが、適度に縮んだりするのかな。 こうし…

猫と田舎暮らし16

夜寝る時、猫はほとんどといっていいほど布団の周りで遊びまわってから、枕元に来て丸くなる。一緒に寝床につく事はまずない。 ある日、肩辺りに寄って来た時、体を撫でてやったら、お返しとばかり、僕のヒゲでジョリジョリした顎をザラザラした猫の舌で舐め…

まつや再興5

店を片付けていると、どうもこのように邪魔が入る。 ついに障子が破られてしまった。 ほんと、仕事増やさないで~なぜか閉め出すとにゃ~にゃ~騒いで落ち着かない。店の床とかまだ汚いから入ってほしくないのよね。というわけで、強行突破されたわけです。 …

猫と田舎暮らし15

アタックチャーンス!じゃなく、タ~イムショックじゃなく!、トラベルチャンス!じゃなく、何だっけ?まあ、男前になりつつある。

田舎生活22日目

せっかく山があるんだから、土でも取りに行こうかと、軽トラでガタゴト。狭い山道の脇は落ち葉でいっぱい、管理する人間もいないから、草木は伸び放題。 時々、ピンク色のビニール紐が木々の間に張ってあるのを見かけるが、これは迷わないための目印らしい。…

猫と田舎暮らし14

体重がちょうど1キロになった。我が家に来て500グラム増えたか。 最近よう食うもんな。ウンコもよく出るし、カリカリだけで、大きくなるんだから不思議だね。 粗相はしなくなったし、えらいよ、お前。有吉佐和子の恍惚の人を、改めて読んだが、おじいちゃん…

田舎生活21日目

豊後高田市の臼野で、自宅を改装した蕎麦屋へお呼ばれした。プレオープンなので、親戚がお手伝いに来ていた。 叔母さん達は、それはもう言いたい放題。ここで店をするのは大反対、つゆがちょっと濃いな、店の手順が全然わかってない、はよ嫁もらいいな、等々…

まつや再興4

着々とではないが、貸本屋の準備を進めている。もちろん、田舎でしかも漫画を借りる人なぞは皆無だろう事は承知している。 けど、やっぱり人は物語に没入したいと求めてると思うし、それはお手軽な旅にもなると思う。 この家にあった、「エースをねらえ!」を…

猫と田舎暮らし13

何かお前怖いぞ。 来た来た~ 左フック!! お前ね、ご主人様に猫パンチしちゃいけんよ。

まつや再興3

やっと重い腰をあげて、軽トラでゴミをいっぱい積んで、ゴミ処理場へ。1日500キロ未満は530円と安いではないか。しかも職員さんが手伝ってくれる。 で、やっとここまで。奥の段ボールはゴミである。もう一往復かな。 そして、この四角い箱。めちゃめちゃ重く…

田舎生活20日目

自分で漬けたたった1キロの梅干し。重しは水の入ったビニール袋。 で、4、5日たって、だいぶ梅酢が出てシャバシャバになってきたが、白っぽいカビのようなモノも見える。う~ん、初めから上手く、ほんといかんね。 漬ける前、水気が残ってたのが悪かったか、…